198672
http://showabiken.co.jp/files/lib/2/13/201606241719547245.jpg http://showabiken.co.jp/files/lib/2/14/20160624172003506.jpg
     
 
 
フォーム
 
浴室・トイレリフォーム(基山町Ⅰ様邸)|福岡南支店
2018-04-21
こんにちは匠和美建福岡南支店の大原です
今回は、浴室とトイレの移設を増築をすることで可能にしたおうちをご紹介します
担当をしたのは、福岡南支店の店長城後です。
お洒落なリフォームをいつもご提案することで人気の、私たちの店長の現場です
 
今回のお客様のお悩みは、
 既存のトイレは、家の東側にあり、リビングや部屋から遠く、しかもかなり古い。
 既存の浴室は家の北側にあるが、タイル張りでかなり古い。出入り口の床は湿気でかなり傷んでいる。
 冬は寒い。
 トイレをお風呂のあたりに持ってきたい。お風呂をきれいにしたい。
 家族が多いため、トイレは2個必要。
ということでした。
 
このご要望に基づいて、次のようなご提案をさせて頂きました。
トイレの場所や個数などのご不満を貝瀬要するために、既存のお風呂は壊して、トイレを2室並列にしました。
浴室部分は増築してユニットバスを入れることにしました。これでお風呂の寒さやお掃除のしやすさ、湿気による傷みは軽減できます。また、現在、お風呂の入口は廊下に面しており、脱衣所がなかったのですが、増築をするにあたり脱衣所と洗面所をつくり、洗濯機も置けるようになりました。
床、壁、天井に集めの断熱材を入れ、床を2重張りとすることでさらに暖かなお風呂が実現しました。
 
一方、注意した点としては、増築する北側の敷地がギリギリのため、かなり細かい計算が必要だったというところです。トイレ2室分と洗面脱衣所のスペースを限られた敷地内にレイアウトするため、壁の厚み等を大工と現場で細かく打ち合わせをさせて頂きました。
増築をする際には、屋根の高さが問題になります。今回は縦長に増築するため、屋根勾配を当初のプランから横流れに変更しました。
それにより、ユニットバスの暖房乾燥機が入るギリギリの高さが確保でき、冬でも暖かな浴室が実現できました。
 
工事期間:20日
工事費用:400万
 
大きなリフォームで見違えるようなトイレと浴室が完成しました。
暮らすうえでの導線を考え、みんなが暮らしやすい空間となっています