181673
     
 

お風呂のリフォーム

 

リフォームについて知りたい ~お風呂~

リフォームについて知りたい ~お風呂~
 

「お風呂の掃除は時間がかかって大変!」

「冬場になると床が冷たくてヒヤッとする」

「家族の使用時間がバラバラで追い炊きの光熱費が高くつく」

 

など、1520年以上経っているお風呂の場合、何かと不都合が出てきます。

ここでは最新のお風呂の設備の紹介と、

リフォームすることでどんなメリットが得られるかをご紹介します。

   
 追い炊きをしなくて済む断熱浴槽

断熱型の浴槽に変えると保温効果が高まり、

 

湯の温度が一定に保たれるので、

 

追い炊きをせずに温かいまま次の人がお風呂に入ることができます。

 

TOTOの魔法びん浴槽や、INAXのサーモバスがよく知られています。

 
パネルなので掃除がラクラク

在来型のお風呂の場合、床・壁の掃除をすると

 

時間程度の時間がかかってしまいますよね?

 

特にタイルの目地の部分のカビを落とすのは手間がかかります。

 

最新型のユニットバスの場合、パネル型になっており、さっと一拭きでお掃除ができるので、

 

掃除に費やす時間がぐっと短くなり、

 

家族団らんの時間や、趣味の時間にあてることができます。

 
床が暖かければ冬場も安心してお風呂に入れる

お風呂に入るときに一番不快に感じるのが床の冷たさです。

 

特に冬場の冷たい床に触れてぞくっとした経験のある方もたくさんいらっしゃると思います。

 

そんな悩みを解消するため、各メーカーさんは

 

水はけの良い床冷たさを感じにくい床を開発しています。

 

実は住宅の中で一番危険な場所はお風呂なのです・・・

 

急激な温度変化による心臓マヒを起こすことがあります。

 

お年寄りが安心してお風呂に入れるような浴室にしましょう。

 
上手なお風呂の選び方

いざお風呂を交換しようと思っても、ほとんどの人が初めての経験だと思いますので、

 

何から手をつければよいか、どのように選べばよいかわかりません。

 

そのような方は、


①ご自宅のお風呂のサイズを測りましょう。

②必要な(欲しい)機能を選びましょう。

 

各メーカーさんによって特徴は違いますが、

 

お風呂の標準機能やオプションは同一の内容が多く見られます。

 

③パネルや浴槽のタイプを決める。

④ショールームで商品を選定する。

 

やはり実物を多く見ることが重要です。